日本のおせち料理

おせち料理とは、もうみなさんもよくご存知かと思いますが、正月に食べるお祝いの料理のことです。

おせちというのは御節と書き、もともと暦上の節句のことを示すものです。

節句の際にいただくお料理のことをおせち料理と呼び、現代ではもっとも大きなお節句であるお正月にいただくお料理のことだけを指す様になりました。

お正月にいただくだけあって、験担ぎをするお料理が詰められていること、そして、めでたさを重ねるという意味合いで、重ねられている重箱に詰めて出されます。

基本は四段重ねで、上から一の重、二の重、三の重、与の重と呼ばれ、重箱に詰められるお料理の内容は地方や家庭ごとに異なります。

おせち料理は一年の始まりにいただく食事になりますから、新しい一年の幸せを願って食べるお料理とされています。

歴史を振り返ると、武家では祝いの料理、庶民は新年の祝い料理として食され、そして段々と受け継がれて今のおせち料理に至る様です。

また、おせち料理は正月の三が日くらいは主婦が家事をせずにゆっくり過ごせる様にと保存の効く食材が中心になったともいわれています。

お料理をせずにいるということは、火を使わないということにもなり、おめでたい時に火を使うことを避けるという物忌みの意味もある様です。

日本のおせち料理はもともとお節句にいただくお料理が受け継がれたもの、重箱に詰められ、その一年の幸せを祈っていただくお料理です。

昔からの風習を大切にし手作りを続けてきたり、おせち料理を予約購入したり、とその方法は様々ですが、現代においても、おせち料理は日本の伝統的な食文化として受け継がれているといえます。

◆おせち料理について詳しい情報⇒http://www.davessportsbar.com/